外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済協力開発機構(OECD)は7日、加盟各国のGDPに占める公的な教育支出の割合について07年の調査結果を発表、日本は前年と横ばいの3・3%で、データ比較が可能な28カ国中で最下位だった。日本は03、05年も最下位で、04、06年はワースト2位と下位低迷が固定している。今回のデータは自民党政権時代の数字。民主党は各国平均レベルの「GDP比5・0%以上」を政策集の中で掲げている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信