ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日本の生活充実度、21位

 【パリ共同】経済協力開発機構(OECD)は28日、経済力から治安まで、幅広い項目に基づいて生活の充実度を測定する「より良い暮らし指標」の2013年版を発表した。日本の総合順位は36カ国中21位で、昨年と変わらなかった。日本は治安や教育水準といった項目で評価が高く、治安は1位、教育は2位だった。一方、住宅事情や、家庭と仕事の両立度合いを示すワーク・ライフ・バランスの点数が低かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。