外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ワシントン条約で規制された希少動植物の国際取引をめぐり、日本の輸入大国ぶりを示す報告書を野生生物取引監視団体がまとめ、名古屋市で開会中の生物多様性会議に合わせて19日までに発表した。2007年の生きた個体の輸入数で、リクガメや鳥類は世界第2位、ランは3位―など。「日本人の生活はほかにも象牙やクロマグロなど希少な資源に支えられている。多様性保全に大きな責任がある」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信