外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ボン共同】新たな地球温暖化対策の国際枠組みづくりを進めている気候変動枠組み条約のフィゲレス事務局長は25日、ドイツ・ボンの特別作業部会で共同通信の単独取材に応じ、日本が検討を始めた2020年以降の温室効果ガス削減目標について「最大限に意欲的な目標にするべきだ」と語った。

共同通信