外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューアーク共同】核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員・川崎哲さん(48)は6日、ICANのノーベル平和賞受賞決定について「核兵器廃絶を訴える全ての人に対する賞であり、広島、長崎の被爆者への賞だ」と述べた。核兵器をなくすことは「絶対にできる」との認識を示し、ICANが制定に向けて尽力した核兵器禁止条約に日本政府も署名すべきだと訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信