外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日本と中国の対立の影響などで日本国籍の選手登録が一時できない騒ぎが起きた北京国際マラソンが25日午前、開催された。中国内外から約3万人のランナーが参加。主催者の中国陸上競技協会は、北京の日本大使館などから抗議を受けて日本人排除の方針を撤回しており、日本人も参加。天安門広場をスタートして同市内を巡り、北京オリンピック公園のゴールまで走る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信