外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アンマン共同】イエメンの首都サヌア近郊で15日、日本人男性が地元部族民に拉致された事件で、在イエメン日本大使館当局者は16日、男性は地元の教育支援事業に従事していることを明らかにした。イエメン内務省によると、男性は丁重に扱われ健康状態に問題はなく、元気だという。男性が携わっていたのは国際協力機構(JICA)がイエメンでの事業の柱の一つとしている「第2次サヌア小中学校建設計画」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信