外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京、上海共同】中国の有力文書共有サイト「百度文庫」に数年前から、大手日本企業の内部文書などが流出していたことが7日、日本貿易振興機構(ジェトロ)の調べで分かった。サイトにはトヨタ自動車やキヤノンなど多数の企業の文書が掲載され、人事管理マニュアルや技術関連文書が含まれる。ただ捏造とみられる文書など、真偽不明のものもある。情報の流出経路は不明。

共同通信