外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本列島は6日、南から暖かい空気が流れ込み、関東地方を中心に気温が上がった。群馬県館林市で37・4度を観測するなど21地点で猛暑日となり、東北や九州など広い範囲で真夏日となった。共同通信の集計では、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は全国で少なくとも311人。関東甲信と東海は7日も猛暑日となる所がありそうで、気象庁は「高温注意情報」を発表。熱中症に注意するよう呼び掛けた。

共同通信