外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ストックホルム共同】6日発表のノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの会員で事務局長も務めるペーテル・エングルンド氏(54)が4日、受賞者が欧米に偏重しているとの指摘について「問題であると認識している」と述べた上で、長期的にはそうした偏重は是正され、日本を含むアジアからの受賞者が今後、増加するとの見通しを明らかにした。共同通信のインタビューに答えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信