外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 寒気を伴う発達中の低気圧の影響で9日、北陸から山陰にかけて風が強まって大しけになる恐れがあるとして、気象庁は警戒を呼び掛けた。大気の状態が不安定なため落雷や竜巻にも注意が必要で、松江では午前中、直径9ミリのひょうが降った。東北以南で冷え込み、福島、新潟、金沢、福井、奈良で初雪、広島県の極楽寺山、香川県の讃岐山脈、福岡県の脊振山などで初冠雪を記録した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信