外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は31日、大みそかから元日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となる恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。北海道の日本海側では暴風雪となり、交通機関が乱れる可能性がある。気象庁によると、1月1日午後6時までの24時間の予想降雪量はいずれも多い所で、北海道と東北50センチ、北陸40センチ、関東甲信と東海30センチ、近畿、中国、九州北部20センチ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信