外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は9日、強い冬型の気圧配置が続き、10日にかけて北日本や東日本の日本海側を中心に大雪となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。雪崩や屋根からの落雪に注意が必要としている。気象庁によると、北日本の上空約5千メートルで氷点下39度以下の寒気が流れ込んでいる。強い冬型の気圧配置は、西から次第に緩むが、北日本などでは10日にかけて続く見込み。9日は太平洋側でも雪が積もるところがあるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信