ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日本版GPS衛星、4基体制整う

 日本版の衛星利用測位システム(GPS)をつくるための政府の準天頂衛星「みちびき4号機」が10日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット36号機で打ち上げられた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。本格運用に必要な4基体制が整い、2018年度から誤差の小さな位置情報を提供する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。