外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 外交・安全保障政策の司令塔機能を担う国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法は27日の参院本会議で自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決、成立した。首相と官房長官、外相、防衛相の4者による会合を常設し、危機管理や安保政策の基本方針を決定することが柱だ。中国や北朝鮮による脅威の増大など、東アジアの安保環境の変化に対応する狙い。

共同通信