外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】サッカーの東アジア・カップ最終日は28日、ソウルの蚕室五輪スタジアムで男子の2試合が行われ、日本は柿谷(C大阪)が2ゴールを決めて韓国に2―1で競り勝ち、2勝1分けの勝ち点7で初優勝した。得点王には3点の柿谷が輝き、最優秀選手にはMF山口(C大阪)が選ばれた。日本はホームの韓国に終始押される展開となったが、前半25分に柿谷が先制。1―1で迎えた後半ロスタイムには決勝点を奪った。

共同通信