外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾で日本統治時代にダム建造を主導した日本人技師八田與一氏(1886~1942年)の銅像の損壊事件で、銅像を壊したことを認めている李承竜元台北市議(59)が24日、台北市内で取材に応じ、「(台湾の一部の政治家が)日本統治時代の負の面に触れず歴史を美化する傾向に怒りを覚え、やむなくやった」などと動機を語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信