外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1986年にインドネシアの首都ジャカルタのホテル客室に放火しようとしたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで国際手配されている日本赤軍メンバーの城崎勉容疑者(67)が20日午後、米国から帰国することが分かった。警視庁公安部は同容疑で逮捕し、事件前後の足取りや日本赤軍の実態を調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信