外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉と並行して進めている日米の2国間協議で、日本車の対米輸出が急増した際に台数を制限する緊急輸入制限(セーフガード)措置の導入を検討していることが5日分かった。日本車の輸入増を懸念する米議会からTPP交渉への同意を得るのが狙い。日本は米側が求める自動車の安全基準の緩和には応じない方針だ。

共同通信