外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国や旧ソ連などが1945~80年に実施した大気圏内核実験で降り注いだ放射性物質セシウム137の海中濃度が、日本近海で最近約10年間、ほとんど減らず横ばいのままであることが20日、気象庁気象研究所の青山道夫主任研究官らの研究チームの分析で分かった。放射能の強さが半分になる半減期(約30年)のサイクルで減少し続ける一方で、南からの黒潮に乗ったセシウム137が流れ込み濃度が維持されていると指摘。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信