外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小泉政権の郵政民営化を推進した日本郵政の西川善文社長(71)が28日の取締役会で正式に辞任した。次期社長には元大蔵事務次官の斎藤次郎氏(73)が就任、新体制が発足。政権交代による民営化見直しで、巨大組織のトップは民から官に変わることで決着。新たな経営態勢の下で、効率から公共性に軸足を移した経営を具体化する。副社長に前内閣官房副長官補の坂篤郎氏(62)、社外取締役に曽野綾子氏(78)らを起用。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信