ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日本陸上、ハンマー室伏19連覇

 陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は9日、東京・味の素スタジアムで行われ、男子ハンマー投げはロンドン五輪銅メダリストで38歳の室伏広治(ミズノ)が76メートル42で19連覇した。男子200メートルは飯塚翔太(中大)が20秒31で初優勝した。同400メートル障害では岸本鷹幸(富士通)が参加標準記録A(49秒40)突破の49秒08で3連覇。飯塚と岸本は世界選手権代表入りが決まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。