外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体操の世界選手権第6日は12日、東京体育館で8カ国による男子の団体総合決勝を行い、予選首位で内村航平をエースに擁する日本は3大会連続の2位に終わり、33年ぶりの優勝を逃した。予選3位の中国が大会最多に並ぶ5連覇を達成し、3位に米国が続いた。日本は4種目目の跳馬で内村、沖口誠、山室光史が高得点をそろえて首位に立った。だが、5種目を終えて中国に逆転され、最後の鉄棒では田中佑典と内村が連続で落下した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信