外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済産業省は20日、日本最東端の南鳥島沖約600キロの公海で、ハイテク機器に用いられるコバルトやニッケル、白金などレアメタルを多く含む海底地層「コバルトリッチクラスト」の探査鉱区(計3千平方キロメートル)を国際海底機構から独占取得すると発表した。同省によると、日本の同機構からの探査鉱区取得は、ハワイ南東沖の「マンガン団塊」以来26年ぶり。取得が実現して生産が可能になれば、資源の安定供給につながる。

共同通信