外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アガディール共同】モロッコ・アガディールで開かれた大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)年次総会で地中海、東大西洋のクロマグロ年間漁獲枠の拡大が決まったのを受け、水産庁の宮原正典次長は19日、科学的調査で資源回復が持続すれば「日本は今後も引き続き増枠を求めていく」と述べた。宮原次長は資源回復が今年の科学委員会で初めて確認されたことを歓迎し、「規制強化の成果だ」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信