外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンダルスリブガワン共同】日本が環太平洋連携協定(TPP)ブルネイ交渉会合で、原材料・部品から完成品までをTPP参加国の中で手掛けた製品に限り関税減免の対象にするよう提案したことが29日、分かった。日本企業は国をまたぐ分業がやりやすくなる。関税負担が減り、価格競争力が増す効果も期待できる。TPP交渉は「原産地規則」分野として、関税減免の対象と認める基準を協議してきた。

共同通信