外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】日本の吉川元偉国連大使は23日、国連安全保障理事会の討論会合で演説し、日本は第2次大戦に対する「深い反省の気持ち」に基づき「自由や民主主義、法の支配、人権を一貫して尊重し、世界の平和と安全に貢献する『平和を愛する国』としての道を歩んできた」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信