外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダボス共同】ドイツのメルケル首相は24日、「為替操作への問題意識は高まっており、日本に対して懸念を持って見ている」と述べ、日本を批判した。安倍政権が日銀の金融緩和などを通じ、円安誘導を図っているとの見方が背景にある。スイス東部ダボスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)での演説で述べた。ドイツは財務相らが同様の批判をしているが、首相が名指ししたことで両国間の緊張が高まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信