外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンダルスリブガワン共同】環太平洋連携協定(TPP)交渉会合が開かれているブルネイで、日本が米国、オーストラリアと関税撤廃をめぐる2国間協議を行っていたことが27日、分かった。両国は当初、関税撤廃に応じる品目を提案する準備が整っていないとの理由で協議に難色を示していたが、交渉を急ぎたい日本の強い要望を受け入れた。今回は交渉の進め方などにとどまり、本格折衝は9月以降となる見通し。

共同通信