外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】陸上の世界選手権最終日は18日、モスクワで行われ、男子400メートルリレー決勝で桐生祥秀(京都・洛南高)、藤光謙司(ゼンリン)、高瀬慧(富士通)、飯塚翔太(中大)の日本は38秒39の6位だった。ジャマイカが37秒36で3連覇。ウサイン・ボルトは100メートル、200メートルと合わせた2大会ぶりの3冠に輝き、男子のカール・ルイスらに並ぶ大会史上最多の8個目の金メダルを獲得した。

共同通信