外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンフランシスコ共同】野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は17日、サンフランシスコで準決勝1試合を行い、日本はプエルトリコに1―3で敗れ、3連覇はならなかった。プエルトリコは初の決勝進出となった。日本は一回に先発の前田健(広島)が1点を失うと、七回には2番手の能見(阪神)が2ランを許し、リードを広げられた。打線は八回、井端の右前適時打で1点を返しただけだった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信