【ベルリン共同】安倍晋三首相は4日午後(日本時間5日未明)、ドイツ・ベルリン郊外の迎賓館でメルケル首相と会談し、不透明感を増す世界経済を下支えするための財政出動について、26、27両日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)へ議論を持ち越すことで一致した。財政出動に積極姿勢の首相が、慎重なメルケル氏に理解を求めたが、依然隔たりが残った。両首脳は記者会見で、為替相場の安定が重要だとの考えを示した。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。