外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日産自動車と三菱自動車は12日、日産が2千億円超を出資して三菱自動車株の34%程度を取得し、事実上傘下に入れる方向となった。日産は三菱重工業を抜いて筆頭株主となり、燃費データ不正問題で経営悪化が避けられない三菱自動車の再建を支援する。三菱自動車は12日の臨時取締役会で、資本業務提携の交渉入りを決めた。日産自動車も同日、取締役会を開き、決定する。実現すれば、国内の自動車業界はトヨタ自動車、ホンダ、日産の3グループに集約されることになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信