外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日立造船と東洋建設、五洋建設は17日、静岡県焼津市の新焼津漁港で、平時は海底に沈めておき津波や高潮の発生時に波の力を利用して遠隔操作で立ち上げられる実験中の新型防波堤を報道陣に公開した。景観保護や船舶往来などで従来の防波堤が設置できない場所への導入を目指す。東日本大震災で消防団員ら多くの殉職をまねいた水門閉鎖などの危険な作業も減らせるという。実験用の防波堤は幅7メートル、高さ13メートル。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信