ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日米が尖閣で対話枠組み

 クリントン米国務長官が18日にワシントンで岸田文雄外相と行う日米外相会談で、沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立する日中の緊張緩和を目指す対話枠組みの実現に向けて協議することが分かった。両氏は偶発的衝突を憂慮し、事態沈静化の必要性を訴える「明確なメッセージ」を出す方針。米政府高官が17日、明らかにした。また従軍慰安婦問題で「河野談話」見直しの可能性について、日本政府に懸念を伝達していたことも判明。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。