ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日米で787の運航停止

 全日空便ボーイング787が飛行中に発煙し、高松空港に緊急着陸した重大トラブルを受け、国土交通省は17日、発火の危険性が疑われるバッテリーの安全性が確認されるまで運航を見合わせるよう全日空や日航に指示する方針を決めた。米連邦航空局(FAA)も米国時間の16日、米国内で787を運航する航空会社に運航の一時停止を指示する声明を発表した。日米での787運航停止の影響は大きく、再開の見通しは立っていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。