外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が、集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更に向けて取りまとめた閣議決定の最終案が26日、判明した。冒頭部分に新たに「日米同盟の抑止力向上」を明記し「専守防衛」の方針を強調した。戦争に巻き込まれるとのイメージを和らげ、世論の批判回避や公明党の理解を促す狙いとみられる。27日の与党協議に示し、来週に閣議決定する方針だ。早ければ7月1日を目指す。

共同通信