外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【インディペンデンス共同】立命館大(京都市)の学生らが27日、米中西部ミズーリ州インディペンデンスのトルーマン図書館を訪れ、広島、長崎への原爆投下を命じた当時のトルーマン大統領や補佐官らの役割を演じ、原爆使用の可否などを議論した。大統領役の日米大学生2人は広島への原爆投下を決断した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信