ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日米政府、米兵行動指針見直しへ

 日米両政府は25日、沖縄県で米兵2人が集団強姦致傷容疑で逮捕された事件を受け日米合同委員会を外務省で開き、事件の再発防止策の一環として、勤務時間外の米兵の行動を規制する指針見直しに向け、緊密に協力する方針で一致した。日本側は事件に強い遺憾の意を表明し、米側は「深刻に受け止めている」と陳謝した。事件発生後、合同委開催は初めて。事件を受け在日米軍側は夜間外出禁止令を発令している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。