ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日米連携で北朝鮮に自制要求

 安倍晋三首相は15日午前、来日中のケリー米国務長官と官邸で会談し、弾道ミサイル発射の動きを見せる北朝鮮について、挑発的な行動を繰り返さないよう日米で緊密に連携を取り、自制を促していくことを確認した。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設を進める考えを強調。ケリー氏は「真剣に努力している」と日本側の姿勢を評価した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。