外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米外交・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)は19日、自衛隊と米軍の役割分担を定めた防衛協力指針(ガイドライン)の改定を来年前半に先送りすることを明記した共同文書を発表した。岸田文雄外相は記者会見で「日米同盟と抑止力を強化し、日本の平和と広い地域への前向きな貢献を果たしていく考え方で一致した」と述べ、時間をかけて改定内容を充実させる考えを強調した。

共同通信