外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米両政府は3日、都内で外交・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開き共同文書を発表した。自衛隊と米軍の役割を定めた日米防衛協力指針(ガイドライン)再改定に着手し2014年末までに完了することで一致。海洋進出を進める中国をけん制し「国際的な行動規範順守」を求めた。沖縄の負担軽減策として返還予定の米軍基地への立ち入り容認も明記した。改定は約17年ぶり。

共同通信