外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ビエンチャン共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)や日本、米国、中国など計18カ国の首脳が参加する東アジアサミットが8日、ラオスの首都ビエンチャンで開かれた。安倍晋三首相やオバマ米大統領が南シナ海における中国の主権主張を退けた7月の仲裁判断は法的拘束力があるとして順守を求め、行動の自制を訴えたが、中国の李克強首相は「当事国の2国間問題」で域外国は関与すべきではないと反論した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信