外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ米政権は4日、北朝鮮が発射した「火星14」は大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと断定し、外交・軍事両面での圧力強化に向けた本格的な協議を始めた。日韓と連携し国連安全保障理事会による制裁強化案の本格的な検討に着手。米CNNテレビによると、朝鮮半島への米軍の一時的な増派も選択肢に上っている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信