ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日経平均、一時9千円回復も反落

 19日午前の東京株式市場は、外国為替市場の円安傾向などを好感した買いと、利益確定売りが交錯した。日経平均株価は一時、ほぼ3週間ぶりの高値水準となる9000円を回復したが、上昇の勢いは続かずその後は反落した。午前終値は、前日終値比12円30銭安の8970円56銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は1・27ポイント安の751・03。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。