ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日経平均、8カ月半ぶり1万円台

 19日午前の東京株式市場は、自民党の衆院選勝利で安倍晋三総裁が掲げた金融緩和強化などデフレ脱却に向けた政策が実現するとの期待感からほぼ全面高となった。日経平均株価(225種)は取引時間中として4月4日以来約8カ月半ぶりに1万円の大台を回復した。午前終値は前日終値比127円31銭高の1万0050円32銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は14・16ポイント高の831・01。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。