外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日航ジャンボ機墜落事故は12日、発生から25年の節目を迎えた。墜落現場の群馬県・御巣鷹の尾根を目指し、今年も遺族らが早朝から慰霊登山をした。経営破綻し、会社再建を進める日航にとっては、安全運航の堅持と事故の教訓を継承し続ける社内態勢の構築が、あらためて課題となっている。遺族の高齢化は進み、体力的に登山が無理となった人は多い。午後には前原国土交通相が初登山。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信