外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から25年の12日夜、群馬県上野村の「慰霊の園」で、地元財団主催の追悼慰霊式が営まれた。遺族や村の関係者、前原国土交通相、日航の稲盛会長ら約300人が参列。犠牲者の冥福と空の安全を祈った。墜落時刻午後6時56分、犠牲者数520本のろうそくがともり、一同で黙とうした。式に先立ち前原国交相は、担当大臣として事故後初の慰霊登山をした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信