外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】今月7日に米ボストン国際空港で起きた日航ボーイング787の出火トラブルについて、米運輸安全委員会(NTSB)は20日、出火元である補助動力装置(APU)用バッテリーの過充電は認められなかったとする調査結果を発表した。AP通信が伝えた。高松空港に緊急着陸した全日空機に関しては、メーンバッテリーの過充電で煙が発生したとの見方が強まっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信