ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日航787、3電池が激しく損傷

 【ワシントン共同】米ボストン国際空港で発生した日航ボーイング787の出火トラブルで、米運輸安全委員会(NTSB)のハースマン委員長は24日記者会見し、出火元のバッテリーを構成する8個のリチウムイオン電池のうち、3個の損傷度が激しく、関心を持って原因を調べていると表明した。また、バッテリーではショートや「熱暴走」と呼ばれる異常高熱が起きていたことが確認されたとも明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。